江戸の女装と男装

江戸の女装・男装 展覧会

江戸時代、祭礼で芸者などの女性が男装して出し物を演じたり、男性役者が女装して女性を専門に演じる歌舞伎の女形など、男装や女装の風俗が見られます。

舞伎に登場する女装の盗賊、弁天小僧をはじめ、物語で活躍する異性装の登場人物も広く親しまれました。
浮世絵では歴史や物語に登場する人物の男女を入替えて、当世風の人物に置き換えるやつし絵や見立絵も多く描かれています。

男女が入れ替わる趣向という意味では、近年の映画「君の名は。」の大ヒットも思い起こされるところですが、既に江戸時代には、異性装や男女を入れ替えるという発想が、庶民にとって身近なものであったことがうかがえます。

本展では、描かれた浮世絵を通して、男女の境界を自由に行き来する江戸時代の風俗や文化の諸相に迫ります。

江戸の女装と男装江戸の女装と男装
江戸の女装と男装江戸の女装と男装
開催場所太田記念美術館
料金入館料 一般 700円
大学・高校生 500円
中学生以下は無料
開催期間
2018年3月2日(金)〜25日(日)
※月曜休み
開催時間10:00~17:30
最終入館17:00