渋谷のシンボル「忠犬ハチ公」のお話

忠犬ハチ公 忠犬ハチ公

忠犬ハチ公

渋谷と言えば「忠犬ハチ公」です。
ハチは、飼い主が死去した後も駅前で帰りを待ち続けた「忠犬」として知られています。
犬種は秋田犬(あきたいぬ)で、名前はハチ。ハチ公の愛称でも呼ばれています。

忠犬ハチ公(ちゅうけんハチこう)は、東京・渋谷駅まで飼い主の帰りを出迎えに行き、飼い主の死去後も約10年にわたって通い続けました。

ハチの飼い主は東京府豊多摩郡渋谷町大向(現:東京都渋谷区松濤一丁目)に住んでいた東京帝国大学教授・上野英三郎です。彼は大変な愛犬家であり、出かける時には渋谷駅までハチと一緒でした。けれどもハチを飼い始めた翌年である1925年(大正14年)に上野は急死してしまったのです。

ハチは飼い主である上野英三郎の死後も渋谷駅前で待ちました。

亡くなった飼い主の帰りを毎日待ち続けたハチの姿は、新聞記事に掲載され、人々に感銘を与えたことから「忠犬ハチ公」と呼ばれるようになりました 。

渋谷駅ハチ公口前にはハチの銅像が設置されており、この「忠犬ハチ公像」は渋谷のシンボルともなっています。待ち合わせ場所と言えば、今でもこの「忠犬ハチ公像」前を選ぶ人が多いようです。

世界的にも観光名所として有名で、休日においてはハチの銅像周辺に外国人を含む群衆が出来るほど。

今回は、知っているようで知らない「ハチ公」のお話について書きたいと思います。

生前のハチ公

不明 – archive copy, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=1762096による

ハチ公の生涯

ハチは大正12年11月10日、秋田県で生まれ。
東京府豊多摩郡渋谷町大向(現:東京都渋谷区松濤一丁目)に住んでいた東京帝国大学教授・上野英三郎氏に飼われました。

ハチは二頭の犬たちと共に暮らし、玄関先や門の前で主人の上野氏を必ず見送り、時には最寄駅の渋谷駅まで送り迎えすることもありました。けれどハチを飼い始めて1年後、飼い主が急死してしまいました。

飼主の死後はいったん妻の親戚に預けられますが、散歩中に渋谷に向かって走ったりもめごとがあったことから、再び元の渋谷の上野宅に戻されます。

その後、ハチを幼少期から可愛がっていた植木職人の小林氏が飼うとこになりました。小林氏に可愛がられていたのにもかかわらず、渋谷駅を訪れては道行く人々を見て、食事のために小林宅に戻ってはまた渋谷駅に向かうということを繰り返していました。

ハチが渋谷駅を訪れる際には、途中の渋谷大向にある旧上野邸に必ず立ち寄って、窓から中を覗いていたといいます。

野犬と間違われて、何度も野犬狩りで捕まったり、通行人や商売人からしばしば虐待を受けたり、子供のいたずらの対象となったりしていました。そのことを、日本犬保存会初代会長が新聞に寄稿したのがきっかけでハチは一躍有名な犬になりました。

ハチ公の死

有名になったハチはハチに食べ物を持参する者も多く現れるようになったり、ハチが世界的な愛犬団体「ポチクラブ」から表彰されたり、映画に出演したりしていました。

けれども1935年(昭和10年)3月8日に死んでいるのが発見されました。
場所はは渋谷川に架かる稲荷橋付近、滝沢酒店北側路地の入口(現在の渋谷ストリーム駐車場入り口付近)。満11歳没。

ハチの死後、渋谷駅では12日にハチの告別式が行われ、上野の妻・八重や、富ヶ谷の小林夫妻、駅や町内の人々など多数参列した。また、渋谷・宮益坂にあった妙祐寺の僧侶など16人による読経が行われ、花環25、生花200、手紙や電報が180、200円を超える香典など、人間さながらの葬儀が執り行われたといいます。

解剖の結果、フィラリアの寄生と、胃袋の中の焼き鳥の串も発見されました。
心臓に重度の浸潤性癌があり、肺も転移していました。

ハチの臓器標本は東京大学農学資料館で展示されており、フィラリアの寄生も観察できます。

また、剥製も制作され、現在、国立科学博物館上野本館に展示されています。

Momotarou2012 – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=25019088による

忠犬ハチ公像

さて、渋谷と言えば「忠犬ハチ公像」です。

忠犬ハチ公像のプランができたのはハチが新聞により有名になた翌年です。
日本犬保存会からの依頼によりハチの像が作成されることとなり、製作者の彫塑家・安藤照の元にハチは何度も通ったそうです。

途中で資金集めと称して絵葉書を売り始める人物が現れてしまい、早く銅像を作らなければならなくなりました。忠犬ハチ公像はハチが生きているときに建てられたのはその経緯によります。

1934年(昭和9年)盛4月21日には渋谷駅前に「忠犬ハチ公像」が設置され、大に行われた銅像の除幕式にはハチ自身と300人もの著名人が参加しました。

ハチが死んだのは銅像が建てられた翌年。この際、ハチ公像の周囲は花環で埋まり、大勢の人々が集まってハチの死を哀れんだと言います。

安藤照が制作した忠犬ハチ公像は戦争によって溶解されてしまいましたが、終戦は安藤の息子であり彫刻家の安藤士により再建されました。

再建直後の同年8月30日には、来日したヘレン・ケラーが渋谷駅前を訪れてハチ公像に触れているそうです。

忠犬ハチ公

 

 

所在地 〒150-0043  東京都渋谷区渋谷駅前
交通アクセス (1)渋谷駅から徒歩で(JR渋谷駅駅前)

 

出典:Wikipedia