渋谷のネズミ駆除・ネズミ対策

渋谷のネズミ駆除・ネズミ対策 渋谷のネズミ駆除

繁華街の宿命かもしれませんが、特にネズミ被害が目立つのが渋谷という状況になっています。

築地移転の時のように、計画的に囲い込み作戦ができないでいるので、根本的な解決ができないのです。

築地市場があった中央区などでは解体工事の際にネズミ駆除などを行うよう指導要綱に明文化しているのですが、渋谷区では定められていない、その辺も問題でしょう。

平成24年に渋谷ヒカリエが開業するなど、近年、大規模再開発で、古くからある「ネズミが長年我が家にしていたビル」があちこち取り壊され、追い出されたネズミが姿を現すようになったとも言われています。

今後は解体前のネズミ駆除を義務化する条例を作ったり、街ぐるみで取り組まないかぎり、根本解決は難しいのだと思います。

渋谷のネズミ駆除:ネズミの習性と防除法

渋谷のネズミ駆除:ネズミの習性と防除法

ネズミを防除するためには、ネズミの習性を知り、それを利用してネズミが住みにくい環境を作ることが大切です。 粘着シートや毒エサだけを使っても駆除はできず、根本的な解決にはなりません。

ネズミを排除したいのであれば、腰を据えて対処する必要があります。
敵を知るには敵の素性から、ということでネズミの習性を知りましょう。

渋谷のネズミ駆除:ネズミの習性を知ろう

ネズミを嫌う環境を作ること、まずは環境防鼠を考えましょう。

ネズミは雑食

ネズミは雑食で、非常に貪食です。1日に自分の体重の3分の1から4分の1のエサを必要とするため、 エサが無くなると、寒い時には1日、暖かい時には4・5日程度で餓死します。
ただし、人間には想像できないものも食べますので、餌がないから放っておけば餓死するだろうと楽観視はしないように。

活動性

家屋内では、主に人が寝静まる夜間に活動します。日没後30分と、日の出30分前が最も活動的になるといわれています。ただし、行動時間は家主が留守など、安全だと分かると昼間でも活動します。

異物への反応

警戒心の強いクマネズミは、行動範囲の中でいつもと違う状態 (家具の位置が変わった、粘着シートや毒エサが置かれている)があると、強く警戒します。罠などを仕掛けたら少なくとも1週間はそのままどかさないように。忘れた頃に掛かる傾向があります。

寒さが苦手

ネズミは寒さに弱いために、冬期や夜間は家屋に侵入します。ただし、 いつまでも家の中にいるわけではなく、近くにエサがないと、家の中に作った巣と外のゴミ置き場などのエサ場との間で 出入りを繰り返します。

隅(すみ)を行動

警戒心が強いため、壁際や物陰を体が触れるようにして移動します。そのため、 生息場所近辺の壁や柱には、ネズミの体表の黒い汚れ(ラットサイン)や体毛が付着し、足跡が残っていたり、 糞が落ちていることがあります。

巣について

ドブネズミは植え込みなどの土中に、クマネズミは家屋内の人目につかない所 (天井裏、タンスや冷蔵庫の裏、普段出し入れの少ない物置の奥)に、紙や布きれ、ビニール袋などを運び込んで巣を作ります。
不要になった段ボールなどは溜めて置かないで捨ててしまうようにしましょう。

物をかじる

ネズミの歯の中で門歯は一生伸び続けるため、硬い物をかじって歯を削っています。電話線、 ガス管、パソコンの配線、石けんなど何でもかじるために、停電や火災を引き起こすことがあります。

渋谷のネズミ駆除:ネズミの防除法

渋谷のネズミ駆除:ネズミの防除法

家に侵入させない

クマネズミは、壁や屋根、電線などを伝わって自由に行動します。  また、大人のネズミは、 1センチメートルほどの隙間があれば、出入りすることは可能だといわれています。ネズミの防除で最も大切なことは、 侵入口を見つけてふさぐことです。

侵入口はどこにある

  • 床下の通気(通風)口
    通気口に取り付けられた格子が外れていたり、格子の隙間が広いと侵入してきます。
  • 配管まわりの隙間
    家の壁を貫いた水道管や排水管、ガス管、エアコンの配管まわりに隙間があると、 侵入口として利用されてしまいます。
  • 雨戸の戸袋
    戸袋の奥が開いていることがあります。そのまま外壁と内壁の隙間に通じていると、 家屋への侵入口として利用されてしまいます。
  • 換気口
    換気のために開けた風呂場の窓、開けていた勝手口などからも、人の気配がないと侵入してきます。

渋谷のネズミ駆除:ネズミの防除法

侵入口のふさぎ方

  • 床下通気口の格子が破損している場合は、ステンレス製の目の細かい格子や金網を取り付けます。
  • 配管まわりの隙間には、台所用の金ダワシを詰めたり、パテや速乾性セメント(日曜大工店などで購入できる)を 充てんします。

エサを絶つ

  • ネズミからエサとなる物を断つことが大切です。ネズミのエサとなる食材、生ゴミは、冷蔵庫や扉付き戸棚、 ふた付き容器などにしっかり収納・保管します。
  • 仏壇の供え物やお風呂場の石けん、ペットフードなども狙われます。

粘着シートや毒エサを使う

特にクマネズミは、警戒心が強く、毒エサに対して抵抗性を持つものが多くなっています。
従ってクマネズミは粘着シート罠の方がおすすめです。

渋谷のネズミ駆除:ネズミの防除法

  • 粘着シート罠
    粘着シートは、ネズミが出没しやすい台所やネズミが頻繁に行動していると思われる黒い汚れ(ラットサイン) の付いた壁際に、4、5枚をつなげて置きます。シートの上にエサを置いたりすると、逆に警戒して捕獲できません。 また、シートに捕まった姿を仲間に見られると警戒されてしまいます。ネズミは警戒心が強いので粘着シートを敷く場合、 留守の時か就寝前に敷くとより効果的です。
  • 殺鼠剤(毒餌)
    毒エサを使用する場合は、他にエサとなるものがまわりにないようにすることが大切です。食べなくても、 数日間は動かさないで様子を見ます。数日間食べた形跡がなければ設置場所を変えてください。また、 毒エサを食べたネズミは、どこで死ぬか分かりません。屋根裏などの人目につかない所で死ぬと、 腐敗臭やウジの発生の心配があるので、冬の時期以外には使わないでください。

家庭での駆除が難しい場合

専門の駆除業者に相談、依頼してください。
以下のケースに当てはまる場合はプロのネズミ駆除業者に依頼することをおすすめします。

  • 怖い、気持ち悪くてネズミ駆除できない
  • ネズミ駆除をしてみたがうまく駆除できない
  • ネズミに入られてから年数が経ってしまった
  • 2匹以上のネズミがいる
  • 子ネズミがいる
  • マンションやアパートなどの集合住宅である
  • 店舗、施設である

渋谷のネズミ駆除:ネズミ駆除は専門業者に頼もう

渋谷のネズミ駆除の専門業者を探すなら『ねずみ110番』

専門業者はネズミの行動を熟知していますので、駆除のノウハウも持っています。
そして、素人ではわからないような穴や隙間を的確に見つけ出し、塞いでくれます。

防鼠をちゃんとしてくれる業者を

ネズミ対策において「防鼠」が重要なポイントです。
ときには大きな防鼠工事になることもあります。

1箇所ならいいですが、家中ぐるっと行うと施工量も高くなるのは仕方ないことです。
実際、現地で調査してみないとわからないことは多々あります。

ネズミ駆除ならねずみ110番

数あるネズミ駆除専門業者の中でも『ねずみ110番』が人気なのは、良心的な価格と、見積もり後の追加料金が不要なところでしょうか。

どれだけネズミ100番の「見積もり後の追加料金不要」が良心的なことお分かりいただけると思います。

ちなみに ねずみ110番の最低料金はこちら

1戸建て・マンションなどの住宅 8000円~
飲食店などの店舗 20000円~

ただしあくまでもこれは最低料金なので、これ以上はかかると思っておいた方がいいです。
だいたい個人宅で5~20万円が目安といいます。
程度の差と使用する罠や資材で違いますので、実際にスタッフが来て家じゅうを調べて状況を確認してもらわないとわかりません。

 

作業の流れ

1.無料相談(無料)

「ねずみ110番」は24時間365日無料で相談を受け付けてくれますので、「ねずみがいるかも?」と思ったらすぐに連絡をしましょう。早ければ早いほど作業が少なく料金も安くあがります。
連絡方法は、公式サイトの中央当たりまでスクロールすると、お問い合わせフォームと電話の連絡先が書いてありますのでそちらからアクセスできます。

2.無料調査と見積もり(無料)

ねずみ110番のスタッフが現地に出向き無料調査をし、無料見積もりをします。
ねずみ110番は他社との相見積もりも歓迎しているので、他のネズミ駆除業者と比較するのも良いでしょう。
作業内容が同じかそれ以上の場合は申出てみると安く見積もってくれる可能性あり? なんといっても最初の見積もりで料金が決まる業者なので、ここはうまく交渉してみましょう。
プロの業者さんは交渉に慣れているので遠慮はいりません。
疑問・質問・値切り、どしどし突っ込みましょう。

ちなみにキャンセルについて費用は一切かかりません。

3.検討(無料)

見積もりが決まったら予算を含めて検討します。
もしここで疑問点や追加することがあれば、申し出ましょう。

4.作業日程確定(無料)

作業日は依頼者の都合で決まりますので、家にいられる日を選んで相談しましょう。
ネズミ駆除はご近所に知られたくない方が多いと思います。
作業が分らないようにしてほしければ、確認の上、事前に必ず申し出ましょう。

5.作業開始

駆除方法は状況で違うでしょうからここでは書きません。
ここに至るまでには作業内容は説明があって行うはずです。
ネズミの駆除・侵入口の閉鎖・消毒などでしょうか。

短時間で終わることもありますが、生き物相手の作業ですので、ネズミの気配がなくなるまで何日かに分けてすることがあります。

6.代金支払い

きちんとした業者はきちんと報告書を作ってくれるものです。
作業内容を書類にしてくれます。

7.1年保証

さらに1年保証がついていますので、作業内容で不備があったり、防鼠施工を行った場所からネズミが再侵入してしまった場合は無料で対応してくれます。
※加盟店によっては保証を付けられない場合があります。

気になるお値段

業者に任せる時点で、一番関心があるのは価格だと思います。

一律に皆同じとはいかないのがネズミ駆除。
家によって難しさが違うものなので、見積もりは大変重要です。

ネズミというのは後から侵入箇所や問題が出てくるもので、始めは安くても追加追加で総額でそれなりの金額に跳ね上がってしまうケースになりがちです。

 

防鼠工事で価格が変わる

大がかりな防鼠工事となると材料費のことも含みますので、ただの駆除のみをするのと違って、それなりの金額になるのは致し方ないこと。

その点『ねずみ110番』は始めに提示してもらった価格後は追加料金がないという心意気が嬉しいです。

たぶん、あとで発見する侵入口とか追加事項が発生すると思うんですけど、大抵はそれを上乗せする業者が多い中、『ねずみ110番』はそれを追加料金にしないというのは信頼できる会社なのではないでしょうか。
110番のネズミ駆除見積もりは無料!

ねずみ110番のネズミ駆除見積もりは無料!

もちろん現地に来て調査してくれますし、見積もりは無料です。
見積もり後は追加料金が発生しないのが『ねずみ110番』の魅力なので、ここできちんと確認しておきましょう。

24時間365日受付

24時間365日、電話受付をしています。
夜中の12でも親切に対応してくれたと口コミがありました。
年間受付数が20万件以上だけあって、この点で評価が高い会社です。

価格について

費用の最低価格は以下です。
(ただ、これは最低価格なので実際はもっとすると思います)

個人宅で 8,000円~
店舗で  20,000円~

1年保証なので安心

ネズミは駆除したと思ったあとBUT でも 物陰に隠れていたのが見つかったり、あとで再発するケースが想定されます。

我が家はかつて塞いでもらったアルミパネルの横から入られてしまったことがありました。
そのときはぎりぎり保証内だったので直してもらいましたが、こういうときに保証があるとありがたいものです。
その点『ねずみ110番』は、ネズミ駆除をしたあと再発した場合のために、1年の保証が付いていますので安心かと思います。

ただし作業内容や加盟店によって違うようなので、見積もりの時に必ず確認しておきましょう。
なお、保証は防鼠施工をした意外の箇所は対象外なので注意を。

ネズミ駆除はプロのネズミ駆除業者を

ネズミ駆除”ねずみ110番”

「どこに頼んで良いかわからない」「自分の家の近くのネズミ駆除業者」が良心的な業者かわからない。
そんな方はWEBサイトで利用シェアNO.1獲得、テレビなどのメディアでも紹介されている『ねずみ110番』はおすすめできるネズミ駆除の専門業者です。

渋谷のネズミ駆除の専門業者を探すなら『ねずみ110番』
ねずみ110番 無料見積もり
WEBサイトで利用シェアNO.1獲得、テレビなどのメディアでも紹介されている『ねずみ110番』はおすすめできるネズミ駆除の専門業者です。
シェアリングテクノロジーが運営する、ネズミ駆除・ねずみ駆除相談サイト
8,000円から防鼠処理まで対応してくれ、無料現地調査・再発3か月保証・全国対応。
楽天リサーチ調べご利用シェアNo.1

ねずみ110番 無料見積もり