靴下産業のもののまわり -saredoの糸と靴下-

靴下産業のもののまわり -saredoの糸と靴下- 靴下産業のもののまわり

暮らしに寄り添うsare道具を紹介

国産靴下の一大産地として様々な繊維産業がリンクする奈良で、糸の企画から、靴下、帽子などの暮らしに寄り添うsare道具(されどもの)を製造販売しているブランド「saerdo-」のものづくりを紹介。落ちわた100%(リサイクルコットン)を使用した定番商品の靴下や帽子を豊富に取り揃えるほか、糸の量り売りも行う。展示開催に合わせて、毎年好評のD&DEPARTMENTオリジナル靴下の新色も販売。

「たかが靴下、されど靴下」

国産靴下の一大産地として様々な繊維産業がリンクする奈良で、糸の企画から靴下、帽子などの暮らしの道具を製造するsaerdoのものづくりを紹介します。

古くは大和絣の産地として栄え、現在では国産靴下の一大産地として様々な繊維産業がリンクする奈良。その地で生まれ育まれた一軒の糸商、萱澤商店の萱澤有淳さんは、家業であったで国内外の様々な種類の糸を卸すだけでなく、別注の糸の取次をするなど、商品企画も行っていました。長年靴下の生産の現場に関わり続けてきた萱澤有淳さんは、落ちわたを100%使用したリサイクルのコットンに出会い、2014年に「saerdo-されど-」を立ち上げ、糸の企画から靴下、帽子などの暮らしの道具を製造しています。

靴下には「たかが靴下、されど靴下」という言葉があります。靴下は「莫大小」と書いて「メリヤス」編みと言う編み方で作られますが、文字通り大きくも小さくもなる伸縮性に優れた編み方です。その為丁寧に作られたものと手抜きをして作られたものはパッと見では判りませんが履き比べればその差は一目瞭然です。単なる「made in Japan」ではなく「誠実」、「正直」、「謙虚」、「繊細」と言った日本人の精神性と craftsmanship=職人気質に基づき「たかが」ではなく「されど」と思われるような、「made by Japanese spirits」なものづくりに関わり繋げて行くことを大切にしているプロダクト。

今回の展示では、saredoの定番商品である靴下や帽子をバリエーション豊富に取り揃え、糸の量り売りも行います。もののまわりの開催に合わせて、毎年好評のD&DEPARTMENTオリジナル靴下の新色も販売します。

株式会社萱澤商店/saredo

萱澤商店は、1948年に奈良県大和高田市で創業した糸の卸会社。取締役を務める萱澤有淳さんが企画・開発を担当し、奥様の良子さんがデザイナーとして携わるブランド「saredo」を2014年に立ち上げ。定番商品のリサイクルコットン糸は、国内の紡績工場で糸をつくる工程で出た「落ちわた」を100%使用し、独自の紡績方法で紡がれています。

靴下産業のもののまわり 概要

開催場所 渋谷ヒカリエ
8F d47 design travel store
開催日 2021年1月26日(火)~3月1日(月)
水曜定休
開催時間 12:00〜20:00/最終日3月1日(月)は12:00〜17:00
電話番号 03-6427-2301  d47 design travel store
住所 東京都渋谷区渋谷2-21-1
交通アクセス 【電車】JR・東京メトロ・東急東横線・東急田園都市線・京王井の頭線渋谷駅直結
駐車場 平日300円/30分、土日祝400円/30分
※利用時間6:50~24:00(最終入庫23:30まで)
ホームページ 関連サイトはこちら