企画展「縄文早期の居家以人骨と岩陰遺跡-居家以プロジェクトの研究成果-」

縄文早期の居家以人骨と岩陰遺跡―居家以プロジェクトの研究成果― 未分類

縄文早期の居家以人骨と岩陰遺跡―居家以プロジェクトの研究成果―

東京都渋谷区の國學院大學博物館 企画展示室で企画展「縄文早期の居家以人骨と岩陰遺跡―居家以プロジェクトの研究成果―」が5月8日(土)まで開催中。

縄文時代早期、約8300年前の埋葬人骨!

縄文時代早期、約8300年前の埋葬人骨が見つかった居家以岩陰遺跡(いやいいわかげいせき)。
群馬県の北西部、上信越山地の裾野に位置する小さな岩陰に形成された遺跡からは、平成26年の調査からこれまでに20体を超える埋葬人骨が出土。いま注目を集めています。
考古学と自然科学とが連携した先端的研究によって、縄文時代早期の居家以人とその生活、文化を解き明かします。

遙か昔に思いを寄せる、東京都渋谷区の國學院大學博物館で「縄文早期の居家以人骨と岩陰遺跡」が開催中

居家以岩陰遺跡が最も盛んに利用されたのは、豊かな自然環境の中で狩猟採集生活が安定し縄文文化が確立されていった縄文早期の頃(約1万~8000年前)。この遺跡の希有なところは、分厚く堆積した灰層の中に、山棲みの縄文人たちが残した生活廃棄物や埋葬人骨が理想的な保存状態で埋まっていること。定住化への途上にあった縄文早期の人々の生活と文化をつぶさに復元できる貴重な遺跡です。

本企画展は、國學院大學考古学研究室が2014年から継続してきた居家以岩陰遺跡の発掘調査の出土遺物と人骨を展示するとともに、JSPS科研費基盤研究(A)「更新世-完新世移行期における人類の生態行動系と縄文文化の形成に関する先史学的研究」として推進してきた共同研究の成果を公開しています。

考古学と自然科学とが連携した先端的研究によって、縄文時代早期の居家以人とその生活、文化を解き明かす「縄文早期の居家以人骨と岩陰遺跡-居家以プロジェクトの研究成果-」に出かけよう。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】
屋内
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来館者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来館自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入館制限/来館者カードの記入
【その他】
開館日の縮小、開館時間の短縮を実施

開催場所 國學院大學博物館
料金 入場無料。
同学の学生だけでなく、誰でも入館無料で利用できます。
開催日 2021年3月4日(木)~5月8日(土)
休館日は毎週日・月・火。最終入館16:30。会期等の基本情報は状況により変更する場合あり。必ず最新の開館スケジュールを確認の上、会場へ。
開催時間 12:00~17:00
電話番号 03-5466-0359  國學院大學博物館
住所 渋谷区東4-10-28國學院大學 渋谷キャンパス 学術メディアセンター 地下1階
交通アクセス [公共交通]渋谷駅から徒歩約13分/都営バス「国学院大学前」下車
駐車場 なし。
駐車場・駐輪場はなし。公共交通機関を利用するか、大学施設外の近隣パーキングを利用。
ホームページ 公式ホームページほか、関連サイトはこちら