明治神宫(明治神宮)明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后を祭神とする「明治神宫(明治神宮)」は、渋谷おすすめ観光スポットランキング第1位を誇る場所です。

初詣に訪れる参拝客は300万人を超えると言われる有名神社ですが、近ごろではパワースポットとしても人気なおすすめ観光スポットです。

明治神宮は明治天皇と皇后の昭憲皇太后をお祀りする神社で、大正9年(1920年)11月1日に創建されました。
鬱蒼と茂った緑したたる常磐の森は、神宮御鎮座にあたり、全国から献木されたおよそ10万本を植栽した人工林です。初詣は例年日本一の参拝者数を集める神社としても知られています。

明治神宮神楽殿では、厳かな神楽舞を奉納して、家族の幸せを願う家内安全、身体安全祈願を始め、厄祓、受験生の合格祈願、そして会社の隆昌を祈念する社運隆昌、商売繁昌祈願などを執り行い、連日多くの参拝者が訪問しています。また、御苑の加藤清正が掘ったと言われる清正井(きよまさのいど)は、人気となっています。

御苑は毎年6月には、明治天皇のおぼしめしにより昭憲皇太后のために植えられた、美しい花菖蒲が咲き誇ることで有名ですが、1月にもまた違う発見があり、四季折々でちがった自然を感じることのできる場所です。

平成32年(2020)には、明治神宮は鎮座百年を迎えます。現在、鎮座百年を迎えるにあたり、多くの記念事業が境内では執り行なわれています。

明治神宫の概要

ご祭神

明治天皇

明治天皇

昭憲皇太后

昭憲皇太后

初詣

【例年の参拝者数】
約300万人(12/31~1/3)

【混雑時間】
1月1日 0:00~3:00
1月2日~3日 11:00~15:00
【初詣の特徴】
年末年始期間のみ24時間参拝可能、授与所あり、おみくじあり、御朱印あり

参拝時間(年末年始期間)
年末年始期間のみ24時間参拝可能

主な願意

国家安泰/皇室弥栄/除災招福/家内安/全初宮詣(お宮参り)/七五三詣/車のお祓い(交通安全)/厄祓(厄除)/商売繁昌/身体安全/病気平癒/方位除/社運隆昌/交通安全/昇殿参拝/健康祈願/十三詣/入学奉告/心願成就/成人奉告/世界平和/良縁祈願/必勝祈願/渡航安全/安産祈願/神恩奉賽/安全祈願/就職成就/学業成就/合格祈願/還暦祝などの寿祭(還暦・喜寿・傘寿・半寿・米寿・卒寿・白寿・上寿)/家内安全/工事安全/入学と卒業の奉告/結婚記念日の奉告式

明治神宫の境内

内苑と外苑に分かれており、本殿を中心に厄除・七五三などを祈願を行う神楽殿、「明治時代の宮廷文化を偲ぶ御祭神ゆかりの御物を陳列する」宝物殿、「御祭神の大御心を通じて健全なる日本精神を育成する」武道場至誠館などがあります。

 

明治神宫のみどころ

樹木

内苑と外苑に分かれており、内苑には日本各地のほか日本の統治下にあった朝鮮半島、台湾からの献木365種約12万本が計画的に植えられました。

2019年時点の樹木数は約3万6000本、都心部の貴重な緑地として親しまれています。

人工林が意図的に自然林化されたものとしても注目されています。

参道を掃き清める際に集めた落ち葉を森に戻す以外は人為的な手を加えず、森の変化を自然淘汰に任せているため、東京都心部では通常見られないような生物が生息し続けており、動物学・昆虫学的にも非常に貴重な例となっています。

明治神宫のみどころ

 

 

パワースポット

富士山から皇居を繋ぐ龍脈と呼ばれる気の流れの上に明治神宮があり、その気が清正の井戸のパワーの源と言われているのです。龍脈に沿った地面から湧き水が出て来ることから強大なパワーを得られるパワースポットとして有名になりました。

「清正井」

明治神宮の御苑の中に都会では珍しい湧水の井戸があります。東京都の調査では水温は四季を通じて15度前後と一定していて、毎分60リットルの水量があり、昔から「清正井(きよまさのいど)」といわれ虎退治で有名な加藤清正が自ら掘ったとされています。
都会では数少ない、しかも今では貴重な湧水です。清正の井戸を待ち受けにすると幸運が訪れると言われ、それを目当てに明治神宮を訪れる方もいるほどです。

清正井 明治神宮

夫婦楠

拝殿の左手に支え合い、寄り添うようにして立っている夫婦楠。夫婦円満や家内安全のご利益があることで有名です。ご神木として有名なこの夫婦楠に近づくだけで良いご縁が貰えそうです。

拝殿で参拝した後、夫婦楠の前から拝殿に向かって参拝をするのが良縁を掴むためのポイントです。

夫婦楠

 

亀石

宝物殿入口前の芝生広場の北池手前に亀石と呼ばれるパワースポットがあります。形が亀のようであることからそう呼ばれています。神宮の北側に位置しているので北の方角の守り神と言われています。

宝物殿の入口前、芝生広場の北に位置しています。亀の頭部分から強いパワーが出ていて、体が温かく感じるという方もいるほど。

亀石